新理論公司

baldur→tiamet でGVGしてた人の備忘録

後口上[1]

半年

 にわたる、新理論もこの「後口上」で最終回となります
 基本コンセプトが「読者おいてけぼり」だったので、読者もほとんどいない予感ですが、お付き合い下さいましてありがとうございました

一応

 記述しておきますが、そのブログは「ラグナロクオンライン」におけるGVGに関する駄文を取り扱ったものです
 最初のエントリーは
 http://d.hatena.ne.jp/hosikaze/20050501
 みなさまのお役に立てれば幸いです

多くのGVGサイトにおいて

 「強くなる」事が語られています
 そして、その手法の多くは「弱点をなくすこと」です

新理論では

 その反対
 「弱いまま」
 「なんとかする」
 こういう観点の読み物はレアな気もしたり

ここで

 更新は終了いたします
 もしもまた、色々書き溜めるだけのネタが集まり
 なおかつその時までROをプレイしていたならば、そのときにまたお会いしましょう

レギオン[6]

提案型指揮

 AAAがA部隊リーダー
 BBBがB部隊リーダー
 CCCがC部隊リーダー
 KKKが現場総指揮
 とします
 従来の方式だと、以下のような伝達になります
 LLLはPTリーダー全員を対象とした発言

敵にラインを抜けられたケース

 (AAAの発言) KKK 第一防衛ラインを複数の敵が抜けた
 (CCCの発言) KKK 第二ラインに敵が到達・LK*3・WS*1・プリ*1・ローグ*1
 (KKKの発言) CCC そのまま敵の殲滅に当たれ
 (CCCの発言) KKK モンクの物資切れ+武器が破損・短時間の殲滅は無理
 (KKKの発言) CCC A部隊を増援として向かわせる、そのまま敵の殲滅に当たれ
 (KKKの発言) AAA C部隊の殲滅を手伝え
 (AAAの発言) KKK 敵の攻撃で残存兵力は3名、殲滅活動は不可能
 (KKKの発言) BBB そちらの状況は余裕があるか?
 (BBBの発言) KKK 崖上は安定・敵影無し
 (KKKの発言) BBB 殲滅要員を第二ラインへまわせるか?
 (BBBの発言) KKK モンクと修理と補給用にBSを回そう
 (KKKの発言) CCC A部隊ではなくB部隊から増援を回す、持ちこたえてくれ
 (CCCの発言) KKK 了解

続きを読む

レギオン[5]

プレス

 についてはわざわざ語る事も無いでしょう
 この部隊は必要とあらば、2つのヘッドのどちらでもプレスを担当します
 このプレス部隊は全て1つのEMCギルドに所属していることが望ましい

なぜなら

 2PCキャラが非常に多い為、プレス作戦を実施する場合の部隊移動が問題だからです
 EMCでプレスのベース地点へ簡単に人を送り込める

続きを読む

レギオン[4]

具体的なシステム

 となると、もう「新理論」を読み直してください
 って感じになるのかな
 ようするに、今まで主張していた事をあらん限りに盛り込んだシステムになります

基本となるのは

 マルチヘッド
 これはマルチヘッドのエントリーでご確認下さい
 大軍を2つに分割し、別行動
 というのが基本になります

続きを読む

レギオン[3]

弱点あったら負けるだろ

 というのが次の流れになります
 あくまでも「目標達成に支障が無い」範囲とは言え、レギオンは弱点を抱えています
 そして、戦いは相手がいます
 全て自分の掌で、とは行かない

しかし

 「目標達成」が重要なレギオンにおいて、想定外の事象が発生したとしても、それが障害になる事は許されません
 好き好んで弱点作ってるんですから、それが原因で「目標達成失敗」したら完全にシステムとして破綻してます

続きを読む

レギオン[2]

でもやっぱり弱いじゃん

 まあそうなんですがっ
 レギオンは「常に勝つ」為のシステムではありません
 負けたと言われる事も多々あるのです

勝ち負け

 は他人が決めます
 いくら当人がどう思ったとしても関係ない
 だからレギオンでは、勝敗自体を無視する事にしました

続きを読む

レギオン[1]

つーわけで

 この新理論の最終地点になる「レギオン」がテーマとなります
 例によっての私の独断による命名です
 一言で言うなら「強さ」と「弱さ」をと「スピード」で結んだ統合的なシステム
 って所かな

なんだ弱いのか

 と言われたらまさしくその通りです
 レギオンの最大のポイントは「弱点のコントロール」だからです
 これまで敵視されていたり、仕方なく妥協されていた「弱点」を積極的に組み込む
 それがレギオン

続きを読む